学習相談・体験学習 無料! お問合せはお気軽にどうぞ TEL:022-274-5441

試験・受験に強い!1対1~1対3の個別指導で成績UP!小1~高3まで。

  • トップ
  • 無料体験学習実施中!!
  • 個別指導でも安心の低価格!!

個別指導学院

〒980-0871
仙台市青葉区八幡2-2-2
SC八幡ビル2F(八幡小児科医院隣)
TEL 022-274-5441

≫詳細な地図、交通案内

トピックス 戻る

TOPICS [トピックス]

2018/1/28生徒に読んでもらっている、ちょっといい話「友のために」

「佐賀のがばいばあちゃん」で有名な島田洋七さんの中学校の頃の話です。

 

中学校3年生の時、野球部の同級生が修学旅行に行かないという話を聞いた彼は、

「どうして修学旅行に行かないんだ?」

と尋ねます。同級生は

「俺の家、貧乏だから、行けない」

と寂しそうに答えました。

何かしてあげたかった彼は、野球部のみんなでアルバイトを始めました。

学校はアルバイトは禁止なので、先生に見つからないようにしてのことでした。

もし見つかれば、先生に叱られるのは覚悟の上でした。

みんなで一生懸命働いた結果、修学旅行に必要なお金を集めて同級生に渡すことができました。

しかし当日、同級生は修学旅行には来ませんでした。

「どうして来なかったんだ?」

と彼が怒ると、同級生は

「みんなで必死で働いたお金を、自分のために使うことはできなかった。これをみんなで使ってくれ・・・。」

と言って、みんながくれたお金で買った新品の野球道具を渡しました。

卒業式で、校長先生が、

「卒業生の中に、学校で禁止していたアルバイトをした人たちがいる。とんでもないことだ。

しかし、彼らは自分のための働いたんじゃない。友達のために働いた。

私は彼らがこの学校の卒業生であることを誇りに思う」

と挨拶しました。

自分のために一生懸命になることができても、人のために自分の時間を使える人はなかなかいません。

友達にもいろんなタイプがいます。自分を支え、引っ張り上げてくれる友人と、自分の足を引っ張る友人です。

ただおしゃべりして楽しいだけの友人ではなくして、自分にとって尊敬できる友人を持ちましょう。

そして自分もそういう人になりましょう。

 

» 一覧に戻る

Copyright © 個別指導学院 All Right Reserved.